MENU

MENU

HINO CAMPUS

食生活科学科
健康栄養専攻

食の形は多種多様。
個々にフィットする
理想の食事を求めて。

食を学ぶことは、人間を知ること。
食品や栄養、健康づくりや疾病、食育などの幅広い知識を備えたプロフェッショナル人材を輩出します。

学びの領域

  • 生活に活きる力
  • 栄養士資格
  • 栄養教諭第二種免許
  • 病気と予防
  • 調理
  • 給食運営
  • 生活に活きる力
  • 栄養士資格
  • 栄養教諭第二種免許
  • 病気と予防
  • 調理
  • 給食運営
  • 食育推進
  • 健康づくり
  • 運動
  • 健康運動実践指導者
  • 栄養士としての知識・技能
  • 食育推進
  • 健康づくり
  • 運動
  • 健康運動実践指導者
  • 栄養士としての知識・技能
  • 生活に活きる力
  • 栄養士資格
  • 栄養教諭第二種免許
  • 病気と予防
  • 調理
  • 給食運営
  • 生活に活きる力
  • 栄養士資格
  • 栄養教諭第二種免許
  • 病気と予防
  • 調理
  • 給食運営
  • 食育推進
  • 健康づくり
  • 運動
  • 健康運動実践指導者
  • 栄養士としての知識・技能
  • 食育推進
  • 健康づくり
  • 運動
  • 健康運動実践指導者
  • 栄養士としての知識・技能

学びの特徴

01

食の知識と調理技術を身につけ
健康につながる食のあり方
社会的課題解決力を習得する

02

栄養面、スポーツや健康、食育
病気予防や回復などに必要な
食のあり方を学ぶ

03

栄養士のほか健康運動実践指導者など
健康づくりをサポートする
各種資格の取得が可能

ライフステージと食育
各ライフステージにおける食に関する課題を解決するために、基礎的な知識を学ぶとともに、食育教材の作成などを通し、将来、保育所や学校、地域で食育を推進する力を育みます。授業を進める中で、課題解決力や人間関係を構築する力も身についていきます。

卒業論文テーマ

  • 大学ラグビー部員に対する栄養介入が食意識と栄養摂取量に与える変化
  • 大学運動部員のベジタリアン・ヴィーガンに対する意識の実態と文献調査
  • 中学サッカーチームのヘモグロビン変動と鉄およびエネルギー摂取量との関連
  • キノコに含まれる旨味成分に関する研究
  • 食品ロスならびに食に係るゴミ問題についての研究
  • 家庭における衛生管理に関する研究
  • 魚介類消費量の減少要因に関する研究

STUDENT
INTERVIEW

食生活科学科 健康栄養専攻 4年 
神奈川県 県立鶴見高等学校出身

この学科で学ぼうと思ったきっかけはなんですか? Q1

理系の視点で「栄養」に興味を持ち、
健康栄養を志望
もともと理系で、なおかつ食分野も好きだったため、「栄養」に興味を持ちました。また子供の「食育」にも興味があり、どんな栄養が人にどういう結果をもたらすのか、喜んでもらえる食のためにどんなことをすればよいのか、知識やスキルを身につけたいと思ったのがきっかけです。

特に印象に残っている授業はなんですか? Q2

食の専門知識だけでなく、
行動力も身につく学科
座学も実習も、身につけた知識やスキルは、日常にも活かせるし、資格を取って就職に活かすこともできるので、とてもやりがいのある分野だと思います。座学で「学び」、実習で「行動する」を繰り返す授業で、食に必要な専門知識だけでなく、行動力も身につく学科だと感じます。調理実習では優先順位を決めて行動に移したり、効率を高めるために作業を分担したりしますが、こうした行動スキルは調理以外でもとても役立つのではないでしょうか。クラスは少人数制で、友だちとも仲よくなりやすく、先生や助手さんとも密にコミュニケーションしたり、アドバイスをいただいたりできる、アットホームな雰囲気も魅力だと思います。

各年次での学びを通じ、どんな感想を持ちましたか? Q3

ライフステージごとに変わる
「適した食生活」の追求を
「ライフステージ栄養学実習」という授業があり、人のさまざまな人生のステージ(離乳期、幼児期、学童期、青年期、高齢期など)ごとに、各期の特徴、栄養面で気をつけるべきこと、どんな献立がよいかなどを学ぶのですが、それぞれの違いが分かって面白かったです。「栄養指導論」という授業では、「避難生活での栄養指導」「スポーツ選手の栄養指導」など、毎回発表のテーマが出され、いろいろ調べた上で原稿は見ないで暗記で発表しなければならないのでとても大変でしたが、知らず知らずのうちにプレゼンテーション力が身についていったのではないかと思います。

本学での学びから、将来社会に出た後も役に立つだろうと思う考え方やスキルはありますか? Q4

生活や仕事で役立つ知識や
スキル習得に、大きなやりがい
1年次は献立を立てるための栄養の基礎を学び、後期からは調理実習も加わってきます。2年次はそれをさらに深めていきます。3年次には「臨床栄養学」の実習が始まり、病院の治療食、減塩や高タンパクなど体の状況に対応する食事などを実際に作りました。またライフステージごとの献立を考え、実際に作って試食もしました。4年では総まとめ的な総合演習となりますが、一方で自分が興味ある分野の授業を選択し、専門的な知識を深めていくこともできます。全体的にグループワークや演習が多く大変な面もありますが、実際に役立つ知識やスキルばかりなので、やりがいも大きいと感じています。

これから実践女子大学を目指す高校生たちへのメッセージをお願いします。 Q5

遂行力やコミュニケーション力の向上は、
社会に出ても役立つ
食は人の生活の大きな部分を占めるものなので、自分や周りの人など、毎日の生活に生かすことができるのはもちろん、社会に出て「人のために貢献できる」面も大きいと思います。また授業の特徴として、グループワークが多いので、人とのコミュニケーション力も鍛えられますし、「人と一緒に何かを遂行する力」もついてきます。発表の機会も度々あり、私はグループ内で意見することはあまり得意ではなかったのですが、「人に何かを上手に伝える」力も着実に向上したように思います。こうした力は栄養士としてはもちろん、社会でどんな仕事に就くにしても、大いに役立つ力なのではないかと思っています。

健康栄養専攻のキャリアビジョン

進路・資格に関するデータ

主な就職先 過去3カ年

株式会社いなげや/株式会社シルバーライフ/明治フレッシュネットワーク株式会社/株式会社グリーンハウス/エームサービス株式会社/日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社/株式会社東洋食品/長島観光開発株式会社/日清医療食品株式会社/日本レストランシステム株式会社/野村不動産ライフ&スポーツ株式会社/アイザワ証券株式会社/株式会社科学飼料研究所/株式会社コロワイドMD/有楽製菓株式会社/株式会社日本保育サービス/久喜市役所/新座市役所

職種別 就職先(2023年3月卒業)
食生活科学科 健康栄養専攻主な就職先画像
取得できる資格一覧
  • 栄養教諭二種免許状
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 栄養士
  • 食品衛生監視員(任用資格)
  • 食品衛生管理者(任用資格)
  • 健康運動実践指導者受験資格